がんの原因となり得る20の食べ物

研究によると、多くの現代人の食生活は様々ながんを引き起こす危険性を上昇させているいう。不健康な食事は出来るだけ避け、正しい食生活を心がけないとがんの危険にさらされてしまうことになる!

これは事実だ:私達が日常で口にする食べ物の中には、癌を引き起こす可能性があるものがある。

それが何だか分かるだろうか?この記事を読んで確かめてみよう!

20. 赤身

donsmeatscenterville.com

ジューシーで焼き加減がぴったりのステーキを思い浮かべて、思わずよだれを垂らさずにはいられないだろう。そんなおいしいステーキだが、肉の赤身には隠れた秘密があるのだ。

世界保健機関によると、毎日肉の赤身を100g 食べる人はそうでない人に比べて、数年以内にがんの診断を受ける可能性が17%も高いそうだ。

癌のリスクを減らすためにも、1日あたりの加工肉や赤身を食べる量は減らすべきだ。代わりに魚やテンペ、豆腐などを食べるのがいいだろう。それか、ベジタリアンになろう!

Prev1 of 20